当院の新型コロナウイルス(COVID-19)対策【9つの安心】

当院の9つの新型コロナウイルス(COVID-19)対策についてご紹介いたします。

業務用大型換気装置「ロスナイ」にて24時間空気を入れ替え

24時間換気することによりウイルスや花粉を治療室の外に追い出し続けます。最近、次亜塩素酸を空気中に噴霧する装置が販売されておりますが、消毒剤を吸い込み続けることは健康を害しますので当治療室では導入しておりません。

 
紫外線消毒器によるスリッパの消毒と保管

スリッパからの新型コロナウイルス(COVID-19)感染を防ぎます。

また水虫が伝ることもありません。

病院やクリニックでもなかなかここまではしません。

床は医療用抗菌床材を使用

殺菌済みスリッパに履き替えて頂くので、靴の底についた新型コロナウイルス(COVID-19)が待合室や治療スペースに入るのを防いではおりますが、床に新型コロナウイルス(COVID-19)が存在しないよう医療用抗菌床材を使用。更には床を重曹の10倍のアルカリ力を持つ炭酸ソーダ含有のウェットタイプのお掃除シートで床掃除をしております。

アルコールスプレーの設置・ドアノブ等の頻繁な消毒

出入り口やトイレにアルコールスプレーを設置しておりますのでご自由にお使いください。

 
毎回消毒済マクラと使い捨ての枕カバー(フェイスペーパー)の交換

マクラは患者様ごとに、逆性石鹸水にて消毒。逆性石鹸水は新型コロナウイルスのエンベローブと呼ばれる脂肪の膜を分解します。皮脂汚れにはアルコール系消毒剤より逆性石鹸の方が効果的です。

タオルケットを患者様ごとにリセッシュ除菌EXプロテクトガードにて消毒。洗濯の際にはワイドハイターEXパワーにて消毒

北里大学・北里研究所の研究発表でこの2つは新型コロナウイルスを不活化させることが知られております。リセッシュには界面活性剤とエタノールが含まれており、ワイドハイターには過酸化水素と界面活性剤が新型コロナウイルス(COVID-19)を死滅させたり不活化させます。

→ 北里大学・北里研究所の発表について詳しくはこちらからご確認ください

頻繁な手洗いと使い捨てペーパータオルの使用

新型コロナウイルス(COVID-19)の表面にあるエンベローブと呼ばれる脂質性の膜は界面活性剤によって分解されてしまいますので、せっけんで手を洗えばウイルスを殺すことが出来ます。死滅したウイルスを更に流水で洗い流します。布製のタオルを使い回すのは大変不衛生ですので、当治療室では手洗い後の手を使い捨てのペーパータオルで拭いております。使い捨ての手袋は患者さん毎に新しいものに取り換えれば衛生的ですが、実際にはそうはいきません。手袋を取り換えずに使い回すのは却って不衛生で、素手を頻繁に洗うほうが衛生的です。トイレも同様で使い捨てのペーパータオルを設置しております。

 
使い捨て鍼の使用、消毒済の鍼皿・ピンセット等の器具をを紫外線消毒器内で保管。

滅菌後の器具を紫外線消毒器の中で保管しております。新型コロナウイルス(COVID-19)が器具の表面に付くのを防ぎます。

マスクを着用の上、鍼灸指圧施術

使い捨ての医療用防塵マスクKN95を使用。通常のマスクの漏れ率が100%とすると漏れ率1%以下ですからご安心ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-526-0766

受付時間:10:00~19:00(土曜日は17:00)
休業日:日曜日

※フォーム問合せは24時間受付中